短期間で成功するダイエットの方法とは?

短期間で効果を上げられるダイエット法は、基本に忠実を心がけることです。

■ダイエットの基本を忠実に守る

ダイエットの基本を忠実に守る

ダイエットの基本はカロリーの摂取量を減らすことです。その方法は、カロリーの高い食品からカロリーの低い食品に変えることと調理法を変えることです。
低カロリーの野菜・きのこ類・階層類をたっぷり食べることで、満腹感を充たし、かつカロリーを抑えることができます。
また調理の仕方では、油で揚げるより炒める、焼くより煮るほうを採用します。
揚げ物は食品が油を吸い取り、その油ごと食べるので、単品で食べるよりずっとカロリーが増えてしまいます。鶏肉は牛肉・豚肉よりカロリーの少ない食品ですが、唐揚げにすると途端にカロリーが増えてしまいます。唐揚げ100gあたり350キロカロリーもあるのです。ご飯1杯が約270キロカロリーなので、ご飯1杯よりもカロリーが多いのです。
鶏肉を食べるなら焼き鳥がおすすめです。部位によって違いますが、100gあたりのカロリーはモモ肉で約90キロカロリーです。これなら短期間で痩せられますね。

■短期間で効果的にダイエットは糖質を減らすこと

お菓子が好きな女性は多いと思います。甘いものはやめられないですよね。
食事を普通に摂って、さらにおやつなどにお菓子を食べると、お菓子の中の糖質が体脂肪に変わりやすくなるのです。
ご飯も炭水化物で糖質の一種ですが、お菓子の中に含まれている果糖や砂糖に比べると体脂肪になりにくいのです。
「甘いものはダイエットの敵」とばかり甘いものを目の敵にしてダイエットに励んでいる人も要注意です。
そもそも甘いものは女性の好きな食べ物の一つです。それを一切食べないでダイエットし、失敗したときに、堰を切ったように甘いものばかり食べてしまい、結果的に一気にリバウンドしてしまうことが多いのです。
短期間で甘いものを制限するコツは、カロリーの低いお菓子を選んで食べるようにすることです。一気にやめるのではなくて、徐々にカロリーの低いお菓子に変更していきましょう。
短期間に痩せたいなら、お菓子の分だけご飯を減らすのではなく、逆にご飯をしっかり食べてお菓子の量を減らしましょう。
ご飯をたっぷり食べると、必然的にお菓子の量は減っていきます。

■甘い飲み物を控える

甘い飲み物を控える

のどが渇いたとき、コーラなどの炭酸飲料や缶コーヒー(砂糖入り)を飲んでいませんか。これらの飲料に含まれる砂糖の量はスプーン約10杯もあるのです。砂糖スプーン1杯が約3gですから、30gも砂糖を摂っていることになります。1日何度もこういう甘い飲料を口にするだけで、知らず知らずのうちに体重が増えてくるのです。
短期間に効果を上げるには、このように目に見えない場所でのカロリーを減らすことです。缶コーヒーやコーラの代わりに緑茶にしてみましょう。緑茶のカロリーはゼロですから短期間に効果を上げることができます。