ダイエット食事法のポイントとは?

ダイエットするとき、まず食事に気を付けますよね。そしてカロリーを制限しよう、脂肪を摂るのをやめよう、炭水化物を控えよう、などというダイエット法にはげむわけです。痩せたいと思う人の一番の秘訣は、食事を制限することと食事の習慣を変えることです。

■肉は制限せずうまく食べる

肉は制限せずうまく食べる

揚げ物、肉料理が好き、魚より肉が好きという方も多いと思います。肉をダイエットの敵と思っている人は非常に多いと思います。
しかし、牛肉には良質のタンパク質が含まれているし、豚肉にはタンパク質以外に疲労回復に効果あるビタミンCを含んでいます。また、鶏肉には目に良いビタミンAを含み、かつ低カロリーの食品です。
ダイエットのために肉を控えると、これらの生きていくために必要な栄養素も摂らないということになります。
かと言って、毎日毎食肉を摂っていたのでは、1日に必要なカロリーをはるかに超えてしまいます。
昼も夜も焼き肉や唐揚げなど肉中心の食事を続けていると、1日のカロリーの合計が必要量より多くなります。
鶏肉は低カロリーですが、唐揚げは油で揚げているために、カロリーが跳ね上がってしまいます。
油で揚げるということは、食品の中に油が入った状態で摂取するということです。こうすると、単に肉だけを食べるよりも、含まれている油の分だけカロリーが増えてしまいます。

■食べる順序を変え野菜でお腹いっぱいにする

食べる順序を変え野菜でお腹いっぱいにする

食べる順序を変えることも大切です。まずは野菜から食べましょう。野菜でお腹がいっぱいになると、必然的に他の食品の量が減ります。肉を食べるなら、その倍は野菜を食べるようにします。
食べる順序を変えるだけで摂取カロリーは格段に減ります。おまけに体に良いビタミンA、B、Cなどを積極的に摂れるので、おすすめです。
野菜以外にも低カロリーの食品、きのこ類や海藻類、こんにゃくも食べてみましょう。
もし、野菜だけをわざわざ頼むのがいやなら、野菜が入っている定食を頼みましょう。
決して野菜だけや果物だけ食べるというダイエットをしないでください。体に必要なたんぱく質、脂質などの栄養素が不足してしまいます。
栄養バランスが崩れると、体が不調になり健康を損ないますので、ダイエットどころではありません。野菜、肉をバランスよく食べるのがコツです。